注意点

LCCを選ぶ人が増えている

格安に旅行をしたいと、なるべく安い値段で泊まれる宿探しや移動手段として、LCC、格安航空会社を利用するという人は増えています。 LCCとは低い運行費用で、飛行機での移動を可能したものでサービスを簡素化して、低価格でサービスを利用するというものです。 安さを売りに多くの会社が、サービスの提供を始める中今後のLCCの動向としては、今よりも路線を増やし安全で低価格にこだわった、サービスを用意する会社が増えてる傾向にあります。 激しさを増す顧客獲得に向けて、各社独自のサービスなどを展開していく動きが活発化しています。 旅行会社などとパック旅行を、セットに売り出すプランなども用意する会社も多くなっていて、より手軽に旅行へ行けるアプローチをする動きも出てきています。

安い料金設定に注意する点

安価な値段で飛行機に乗れるという、最大のメリットから多くの人が利用しているLCCですが、注意する点もあります。 大手航空会社とは違う点もあり、後から話が違うとならないために事前に、細かい利用規約などをチェックしておくことが必要です。 LCCはほとんどの会社で、機内食や飲み物や貸し出される毛布などが有料のサービスとなっています。 大手の航空会社では、飛行機のトラブルや天候によるキャンセル等の場合は、振替便への手配や自費にはなりますが、ホテルの手配などをしてくれる場合も多いです。 しかしLCCにはそのようなサービスはなく、自分で全て行わなければならないので注意が必要です。 このような点を事前に知っておくことで、飛行機のトラブルや天候不順などでフライト出来ない場合でも、慌てずに自分で手配を済ますなどの手続きをスムーズに行うことが出来るので、利用規約などをよく理解しておくことが大切です。